サポートが充実の会社を選ぶFX初心者

右も左も分からないFX初心者は、会社を選ぶ際にサポート体制が充実しているかどうかという点に注目するというのもいいかもしれませんね。FX初心者は、自分が実際の取引を行う中で、質問したい事などが出てくるという可能性も考えられます。

そんな時には、FX初心者が自由にFX会社の人に聞く事ができるというのは、とてもいい環境で取引をする事ができそうですね。FX初心者は、会社選びの際にどの様にしてサポートしてくれるのかという事までしっかりと調べる様にしたいですね。

できるだけ不安に思ったりする事はなく、安心した状態で取引を行う事ができればいいですね。早速、FX初心者は会社のwebサイトを調べてみましょう。

FXで勝てる人のチャートの見方とは?

チャートを見るときにどのようにトレードポイントを決めていますか。抵抗線やインジケーターなど様々な基準でトレードしている方が多いです。

本当に勝ち続けているトレーダーはチャートに張り付いていることは意外と少なく、デイトレやスイングを活用している方が多いと言われています。一番の要因は精神面の重要性がわかっているからと言えるでしょう。

FXにおいて最も重要なのはメンタルとも言われています。損益率を守ることや損切りポイントを入れるなどFXのトレードルールには原理原則があるものです。これらのうまく組み合わせることで勝ち続けるトレーダーとなります。

FX初心者が知りたい「銭原則固定」とは

銭原則固定とはスプレッドの種類の一つです。FX初心者に分かりやすく説明するのであれば、取引に際して事業者側が徴収する手数料のものだと思って良いでしょう。

例えば一般的なFXの注文画面ではBidとAskの二つの数値が表示されていますが、この数値は常に一定のものではありません。Bidが100.000円だった場合にはAskが100.003円といったようになっている場合、この業者では0.003円分の手数料が徴収されていると考えられます。この0.003円という手数料が固定されている場合には「銭原則固定」となるわけです。

現在だとこの形式を取っている業者が大半ですが、市場の状況によっては固定ではなく変動することもありますから、FX初心者はなるべく常に確認するようにしましょう。

FX初心者も税金を納めなければならない

FX初心者にとってなかなかわかりづらいのが税金の納付についてです。FXであっても継続的に利益を出して収入を得られるようになると自ら確定申告を行う必要があります。

通常の会社員である場合は毎年12月に年末調整という形式で会社が代わりに手続きを代行してくれますが、FXの収入の場合は毎年2~3月にしっかりと確定申告を行っておかないと脱税となり追徴課税が課せられることになります。

FXの場合おおむね利益の20%を税金として納めなければなりませんが、利益が20万円以下の場合は雑所得であることから所得税はかからないため確定申告を行う必要はありません。しかし住民税についてはたとえ1円の利益であっても申告しなければならないためFX初心者は注意しておきましょう。

FX初心者に役立つ情報の関連記事